サイトイメージ

芸能人ダイエット本事典

はるな愛さんの『世界一のはるな愛になるダイエット』から、海老名美どりさんの『海老名美どりのスリム・キープ・ダイエット』まで、新旧の芸能人のダイエット本の内容をまとめてみました。流行のダイエット法を追うのもいいけど、知っている人達の体験を読んで、自分に合ったダイエット本を見つけてみませんか。

CurrentIcon 岡田斗司夫さんのレコーディング・ダイエット本 その2

岡田斗司夫さんのレコーディング・ダイエット方法イラスト

脱デブ―なぜ芸能人はレコーディング・ダイエットにはまるのか なぜ1年以上たってもリバウンドしないのか』は、女性向けのレコーディング・ダイエット本。岡田斗司夫さんは、一番最初のダイエット本『いつまでもデブと思うなよ』を出版した際、メタボの男性を読者と想定して書いたのですが、メールやブログへのコメントの反響を見ると、女性の方が多かったのだそうです。

私もそうですが、女性ってメモをつけることを楽しめますもんね。それに、1年間で50kg減と聞いて、気にならないわけがない!で、そうした反響の中の女性からの質問を参考にしたり、男性向けの本にはふさわしくなくても、女性向けには提案できることなどを、新たにまとめたのがこの本。

基本的な内容は『いつまでもデブと思うなよ』と同じですが、自炊の際のアイデアや注意点も満載なので、既にレコーディング・ダイエットをわかっているつもりの人も、一度は読んで復習するといいと思います。

強いていえば、『いつまでもデブと思うなよ』が、ダイエットをする気にさせることに力を入れた本、『脱デブ』は、既にダイエットする気になっている人に具体的なアイデアをより多く提供する本、という感じです。『いつまでもデブと思うなよ』を読んで、レコーディング・ダイエットを試してみて失敗した人も、岡田さんのもとにたくさん寄せられた成功談・失敗談を踏まえて書かれた『脱デブ』を読めば、自分がなぜ失敗したかわかるかもしれません。

私もまさにその通りだったのですが、女性ってダイエット知識も多いので、手っ取り早くそのダイエット法の要点を知りたがるんですよね。

でも、レコーディング・ダイエットは、「ただ記録するだけ」からステップアップしていかないとダメ。食生活を変える前に、「変える前の自分はどうなのか」を知ることが、成功の絶対条件なんです。

また女性は、自炊する人も多いですよね。カロリー計算が面倒なら、いっそカロリーが最初から書いてあるレシピ集から、作る料理を選んじゃえばいい。これ、いいアイデアじゃありません?

『脱デブ』の方では、岡田さんだけでなく、レコーディング・ダイエットを試してみて成功した森山中の村上さんも、ミニ・コラムを書いていて、こちらもすごく参考になります。

例えば、岡田さんの「もったいないと思って、そんなに食べたくないものを食べてしまうくらいなら、捨てろ」という考え。正しいのかもしれないけど、心が痛みません?そこで、村上さんは、必ず誰かと食べて、要らないものは誰かに食べてもらうという方法をとったそうです。こうした岡田さん以外のアイデアも、こちらの本には載っています。

また、「食べ過ぎたときには、その後何日かかけて、食べ過ぎた分を取り戻す」という考えは、『いつまでもデブと思うなよ』でも説明されていましたが、『脱デブ』の方には、「飲み会など、カロリーオーバーしそうな予定があるときは、その前からあらかじめオーバーしそうな分を控えておく」という方法も紹介されています。いろんな人の体験談を踏まえて、レコーディング・ダイエット自体も進化している感じですよ!

<書籍情報>
タイトル:脱デブ
著者:岡田斗司夫
発行日:2008/08/16
⇒他の人の感想を読む
Copyright(c) 芸能人ダイエット本事典 All Rights Reserved.