サイトイメージ

芸能人ダイエット本事典

はるな愛さんの『世界一のはるな愛になるダイエット』から、海老名美どりさんの『海老名美どりのスリム・キープ・ダイエット』まで、新旧の芸能人のダイエット本の内容をまとめてみました。流行のダイエット法を追うのもいいけど、知っている人達の体験を読んで、自分に合ったダイエット本を見つけてみませんか。

CurrentIcon 岡田斗司夫さんのレコーディング・ダイエット本 その3

岡田斗司夫さんのレコーディング・ダイエット方法イラスト

岡田斗司夫の「見るだけでダイエット」 ビジュアルで覚えるマッピング・カロリー&脂質事典』は、レコーディング・ダイエットで有名な岡田斗司夫さんが、ビジュアルを使って更にわかりやすくレコーディング・ダイエットをできるように作った本。食べたものを文字で書くのではなく、表の中に印をつけるマッピング方式なので、見た目にもわかりやすいです。

数字の罠って、ありますよね。2000円ではなく、1980円にすることで、かなり安い印象を与えるみたいな。カロリーも、それはまやかしだとわかっていても、200kcalの食べ物より、198kcalの方が断然低く見えちゃう。本当は2kcalしか違わないのに。このマッピング方式だと、そうした数字のまやかしではなく、見ただけで自分の摂取量が正確に感じとれます。

表は、カロリーを横軸に、脂質を縦軸にして、自分の食べたもののカロリーと脂質を調べて、印をつけるようになっています。カロリーだけでなく、脂質も調べないといけないのが面倒ですが、この表のおかげで脂質が高いものを選べば比較的ラクにカロリーが減らせることがわかる。面倒なことをする分、工夫によって食べ物を我慢する苦労が経るなら、面倒な方を選ぶという人も多いのではないでしょうか。

また、カロリーを計算をしてくれるサイトもいくつか紹介してくれているので、それを使えば面倒も減ります。便利なものを賢く使うのは、いかにも岡田さんですね。

記入用の表とは別に、主要なメニューが既にマッピングされている表もあるので、それを覚えて、なるべくカロリー・脂質の低いメニューを選ぶようにするだけでも、ダイエット効果はあると思います。この表を全て覚えるのは難しいと思いますが、自分がよく食べるものを覚えておくだけでも便利。

この本のマッピング表は、文字だけでなく食べ物の写真入りなので、本のタイトル通り、ビジュアルで覚えやすいです。

「見るだけでダイエット」とありますが、やはりただ何となく低カロリー低脂質メニューを選ぶだけじゃなくて、実際に自分の食べたものを書き込んでみて、客観的に自分の食べ方を見ないと痩せないような気はします。

表は、カロリーと脂質の値によって、「グリーン(低)」「イエロー(中)」「レッド(高)」の3ゾーンに分かれていて、イエローを中心に食べ、レッドのものを食べちゃったら、その倍くらいグリーンをとる、などのようにバランスを取ればOK。

レッドを全く食べてはいけない、という方法ではないので、これなら実行しやすいですよね。むしろ、グリーンゾーンばかり食べていると、栄養不足で危険なのでダメなのだそうです。

本の中には、6か月分のマッピング記入表があるので、6ヶ月でダイエットを成功させると決めたら、じかに書き込んでもいいでしょうし、不安だったらコピーして使ってもいいと思います。私はケチなので、コピーしていますが…(笑)。

数字だけのレコーディング・ダイエットより、こちらの方が絶対見てわかりやすいです。特に数字が苦手な人にはお薦めです。

<書籍情報>
タイトル:岡田斗司夫の「見るだけでダイエット」
著者:岡田斗司夫
発行日:2009/02/04
⇒他の人の感想を読む
Copyright(c) 芸能人ダイエット本事典 All Rights Reserved.