サイトイメージ

芸能人ダイエット本事典

はるな愛さんの『世界一のはるな愛になるダイエット』から、海老名美どりさんの『海老名美どりのスリム・キープ・ダイエット』まで、新旧の芸能人のダイエット本の内容をまとめてみました。流行のダイエット法を追うのもいいけど、知っている人達の体験を読んで、自分に合ったダイエット本を見つけてみませんか。

CurrentIcon 香取慎吾さんのダイエット本

香取慎吾さんのダイエット方法イラスト

DIET SHINGO』は、SMAPの香取慎吾さんが、26歳のときに8週間で15kg減のダイエットに成功したときの記録です。

この分布表をご覧いただくとわかるのですが、若い男性による芸能人ダイエット本って、本当に少ないんです。そういう意味では、とても貴重な本。もう絶版になっているようですが、ニーズは絶対あると思うので、「タレント本」色を弱め、「若い男性向けダイエット本」色を強めた上で、リニューアル復刊してもいいのでは、とさえ思います。

香取さんのダイエット開始前の身体は、体重88kg、体脂肪率29.4%と、申し訳ないけどアイドルとは思えない数値…。ダイエット前の食事日記を見ると、理由は明らかで、ほぼ毎日3000kcal以上食べているんです。日記の中で一番摂取カロリーの高い日は、5019kcal!何と、朝食がステーキセットとカレーセットとコーラ。

人気のある男性タレントなら、消費カロリーも多いでしょうが、さすがに5000kcalは多すぎですよね。ただ、この本によると、アメリカの調査では、「食べすぎ」で太っている人は、肥満全体の30%だけ。残りは「消費カロリーが少なすぎて」太っているんです。

よく動こうが、食べるのが少なかろうが、太るかどうかは「摂取カロリーだけ」「消費カロリーだけ」では決まらない。摂取カロリーと消費カロリーとのバランスが大事なんですね。香取さんはそれをもとに、摂取カロリーを減らしながら、消費カロリーを増やす、王道の方法でダイエットをしました。

運動面では、週に3回ジムに通い、ランニングマシンなどでの有酸素運動でカロリーを消費しつつ、筋トレで筋肉をつけて、基礎代謝をあげます。素人考えだと、ジムに通う回数を増やせば効果が高いと思ってしまいますが、筋肉が大きくなるメカニズムを考えると、48時間以上の休みを入れる、つまり2~3日おきに筋トレをする方がいいのだそうです。

食事面では、カロリー控えめの食事を、1日3回しっかりと食べます。基本的に1日1000~1800kcalにおさめていますが、ビストロスマップ収録の日は摂取カロリー測定不能だし、週に2回くらいはカロリーオーバーしています。

巻末にある、栄養指導の先生によると、できれば毎食、炭水化物・野菜・海草・キノコを摂るといいとのこと。また、睡眠中の新陳代謝を高めるために、夕食は低脂肪高タンパク質のものを摂るといいそうです。年代が若いほど、睡眠中の新陳代謝への気配りは必要ですよね。

運動も食事もフルにダイエット生活に入るのって、かなりキツイですが、香取さんの文章を読むと、むしろダイエット前よりいきいきしている感じなんです。汗をかくのも気持ちよく、食事も以前よりおいしく感じるようになって。

食事の際の飲み物をミネラルウォーターにしたら、食べ物の味をきちんと感じられるようになったというのは、私も同じ経験をしたのでよくわかります。お茶や紅茶をミネラルウォーターに変えるだけでも違うんですよね。

香取さんによると、本気で痩せたいと思ったら、周りから「太っているね」「デブだね」と言われたほうがいい、とのこと。効果が出てきて、周囲に「痩せすぎじゃない?」」と言われたときに、さりげなく「そうかな」とあしらう<勝ち感>に勝るものはないのだそうです。確かにそれはダイエッターの憧れの場面ですよね~(笑)。

おいしい食べ物と楽な生活から抜け出して、健康的な生活を送るのも、実は快適。そんなことを教えてくれるダイエット本です。

<書籍情報>
タイトル:DIET SHINGO
著者:香取慎吾
発行日:2003/09/01
⇒他の人の感想を読む
Copyright(c) 芸能人ダイエット本事典 All Rights Reserved.