サイトイメージ

芸能人ダイエット本事典

はるな愛さんの『世界一のはるな愛になるダイエット』から、海老名美どりさんの『海老名美どりのスリム・キープ・ダイエット』まで、新旧の芸能人のダイエット本の内容をまとめてみました。流行のダイエット法を追うのもいいけど、知っている人達の体験を読んで、自分に合ったダイエット本を見つけてみませんか。

CurrentIcon 宝田恭子さんのくちびるエクササイズ本

くちびる美人ダイエット』は、テレビや雑誌にもよく登場する歯科医師の宝田恭子さんのダイエット本。といっても、身体のダイエットについてはおまけっぽく書かれているだけで、メインは口周りをひきしめる顔のダイエットなんです。

こう書くと、美容のためのダイエットだと思われるかもしれませんが、元々口の周りの健康のために行ったエクササイズが、顔の引き締め効果もあることに気がついて生まれたダイエットなんです。また、口の周りやあごの筋肉を鍛えることで、結果的に食事の際に噛む回数が増える。これは身体のダイエットにもつながる効果ですよね。

このダイエット法が生まれたきっかけは、宝田さん自身が口呼吸をしている自分に気がついたこと。呼吸には鼻呼吸と口呼吸があるのですが、口呼吸は歯肉炎や虫歯の発症の一因となる、よくない呼吸なのだそうです。なので、それを直すために、くちびるの周りの筋肉を鍛えるエクササイズをしたところ、鼻呼吸に直っただけでなく、顔のたるみやしわが減ったのだとか。

宝田さん自身に効果が現れたおかげか、患者さんの間でもくちびるエクササイズをする人が増えて、小顔になった人や、毛穴がひきしまり、油とり紙を使わずに済む人も出てきたのだそうです。健康面でも、風邪をひきにくくなったり、口臭のもととなる成分が減っている。歯科医師さんの本だけあって、これらの効果がちゃんとデータで示されています。

くちびる周りを鍛えるエクササイズは、全部で5つ。個人的な感想では、口(舌)と目を同時に動かすエクササイズがちょっと難しいだけで、あとはそんなに難しくありません。でも、普段使わない筋肉なので、最初は軽い筋肉痛になりますね。あと、結構変な顔になります(笑)。宝田さんは、ウォーキングの際にこのエクササイズをして、通りがかりの人に変な目で見られるそうですが、私は恥ずかしいので、外でこのエクササイズをするのは、ちょっと無理です(笑)。

5つのエクササイズのうち、3つは手も少し使いますが、残りの2つは手さえも使いません。目を動かす、口を動かす、舌を動かす、などの動作を、日常的な表情での動きよりオーバーに行うことで、口周りをはじめとした筋肉が鍛えられるんです。道具も要らないので、私なんて、お手洗いの中でよくやります。お手洗いなら完全に一人なので、他人に見せられない顔を安心してできるんです(笑)。

他人には見せられないヘン顔エクササイズですが、自分では鏡を見て、どの筋肉を動かしているか、チェックしながら行う法がいいそうです。私もお風呂では、鏡を見ながらエクササイズしていますが、続けていれば自分のヘン顔も見慣れてきます(笑)。

このエクササイズは、身体のダイエットに直接つながるものではありませんが、時間もお金もかからないので、かなりお薦めです。本に書いてあるエクササイズが一番効果的なのでしょうが、書店ですぐに手に入らなさそうだったら、ヘン顔を1日10回するとかでもいいような気がします(笑)。肝心なのは、顔の筋肉を動かすことなので、手を使わないヘン顔をしてくださいね!

<書籍情報>
タイトル:くちびる美人ダイエット―5つのエクササイズで顔も体もひきしまる
著者:宝田恭子
発行日:2004/07/30
⇒他の人の感想を読む
Copyright(c) 芸能人ダイエット本事典 All Rights Reserved.